DIGICOCO公式マニュアル

DIGICOCO出品ガイド②

出品したアイテムの編集方法について

出品したアイテムの編集方法

「ストアダッシュボード」ページの「Products」をクリックします。

出品中の商品がすべて表示されます。

マウスカーソルを重ねると、メニューが表示されます。

  • Edit アイテムを編集します。
  • Delete Permanently アイテムを完全に削除します。
  • View アイテムページを開きます。
  • Quick Edit アイテムを簡単編集します。
  • Duplicate アイテムを複製します。

『Title』はアイテムの名前です。
『パーマリンク』を編集することでアイテムのURLを変更することができます。
『Product Type』は編集せず、「Simple」のままにします。

『Downloadable』にチェックを入れることで、ダウンロード商品になります。
通常はチェックを入れます。
『Virtual』にチェックを入れると、在庫管理の必要のないアイテム扱いになります。
通常はチェックを入れます。

『Category』でカテゴリーを設定します。
『Tags』にキーワードを入力することで、タグを追加できます。
『Short Description』では、アイテムの画像の右に表示される文章を設定できます。
アピールポイントやキャッチコピーなどの説明文を入力します。

『Description』

 『Description』では、アイテムの画像の下に表示される文章を設定できます。
仕様やサポート範囲・規約文などの説明文を入力します。

『Inventory』パートでは、商品の管理が可能です。
『SKU』欄には商品コードを入力可能です。

『Stock Status』では在庫状況が管理できます。
それぞれのステータスは以下の通りです。

  • In Stock 在庫アリの状態です。ユーザーが購入可能です。
  • Out of Stock 在庫切れの状態です。ユーザーは購入できません。
  • On Backorder 入荷待ちの状態です。ユーザーは購入できません。

『Allow only one…』にチェックを入れることで、一度の注文で一個しか購入できないようにします。
ダウンロード商品の場合はチェックを

『Donwloadable Options』では、ダウンロード販売の管理が行えます。
『ADD FILE』をクリックすることで、購入者がダウンロードできるアイテムをアップロードできます。
最大ファイルサイズは20GBです。
『Download Limit』はダウンロードの回数制限です。
『Download Expirery』はダウンロード可能日数です。
購入者に無制限なダウンロードを設定するため、両方「0」にします。

『Add-ons』では、商品の追加設定をすることができます。
煩雑なので、DIGICOCOではこの設定をオフにしています。
特に設定する必要はありません。

『Tax』では、送料に関する税金の設定ができます。
しかし、DIGICOCOはダウンロード商品を扱うので設定の必要はありません。

『Linked Products』では、アップセルとクロスセルの設定ができます。
『Upsells』欄でアイテムを指定することで、親子関係にあるアイテムや有料版を指定することができます。
『Cross-sells』欄でアイテムを指定することで、「同時によく買われる」ことを想定したアイテムを指定することができます。

『Attribute』では、商品にオプションを設定できます。
煩雑なので、DIGICOCOではこの設定をオフにしています。
特に設定する必要はありません。

『Other Oprions』では商品の状態などについて設定が可能です。

『Product Status』によって、商品の公開状態を決定できます。
まだ、商品設定が途中の場合は『Draft』に設定することで、サイト上では非表示になります。
『Visibility』も同様に『Visible』の状態にしないとサイト上には表示されません。

『Purchase Note』欄では購入した方へのメッセージを記入することができます。

『Enable product reviews』にチェックを入れると、購入者がアイテムについてレビューできるようになります。